家庭でなぜ掃除をするか子どもに伝えていますか

NO IMAGE

     大学では「掃除はなぜするかという養護の基本が教えられていません。」

                    飯田 和也

 

 多くの学生が保育園や幼稚園で実習します。その時に「掃除はなぜするのですか」と云う質問をするとほとんどの学生が「きれいになるから」「気持ち良くなるから」「次に使う人が使いやすいから」といった言葉が返ってきます。

 ここで重要な事が保育は養護と教育から成り立っていること、特に、保育園・子ども園の未満児や幼稚園における障害児に対して配慮すべき大人の活動として


 養護「命を守ること・情緒の安定を図ること・生理的欲求を満たすこと・保健衛生的な環境で病気にさせない」といった働きのことです。


 この養護の中にある命を守り、病気にさせないための大人の働きとして掃除をすることで危険な物が落ちていたら踏んづけて大けがしないようにきれいに片付ける、汚れた水がたまっていれば、ばい菌が湧かない様にきれいにする、ごみが落ちて汚れていたら虫がわいて病気になるのできれいにする、部屋や廊下に埃やごみがあれば保健衛生的に施設や設備をきれいにして病気にならない様に大人がすることです。

         「養護に包まれて教育がある」

 この言葉の意味は保育室では、温かい愛のある雰囲気として先生の「ありがとう」の言葉とやさしい笑顔に満ち溢れていることです。この保育者の優しい態度により乳幼児は保育室で失敗してもいい・自分で○○する=主体性といった安心感が与えられます。


 自分は命を守られ、甘えを受け入れられていることで情緒が安定し自分で危険な事をしない、友達とルールを守り、様々な出来事や物の性質を理解します。また、安心する雰囲気の中で先生や友達と言葉でやり取りをして自分なりに表現する力を身につける教育が与えられます。

 この養護の基本の一つが掃除をする事になります。園長先生は掃除が好きだからやらせておけばいいではありません。養護の理論に基づいた園長先生は先生や子どもたちのモデルとして掃除をする姿があります。


 園長・主任はお母さんやお父さんにも乳幼児の命を守り、病気にさせないために掃除する姿を示すことです。この保育で使う専門的な言葉「養護」を親に説明し保育の質を高める努力をしたいものです。

お母さんとお父さんに掃除を何故するかと言う理由を解からせる事でここまで乳幼児を大切にする幼稚園・保育園・子ども園での養護に包まれて教育をしていることを伝えることです。


朝、園に乳幼児が来た時のそのままの姿で、怪我をさせない・病気にならないで、帰る時に親に返す事が第一ということです。

家庭で掃除をする事の意味を理解して家族で怪我や病気にならない生き方を伝える事が教育になります。

 家庭で何故掃除をするか子どもに伝えていますか。

                         統括園長  飯田 和也

 

 「お母さん、どうして掃除するの」と質問を受けた時にどのように答えていますか。


 幼稚園や保育園の園長として子どもたちや中学生が職場体験の時「どうして掃除しますか」大学や短大生にも同じように質問すると「きれいにするため」「次の人が使いやすくするため」「気持ちよく生活するため」などの言葉が返って来ます。


 ここで重要なことが保育園・幼稚園・こども園では、大人「先生」が保育中に乳幼児の命を守り、情緒の安定を図ること、生理的欲求を満たす事、保健衛生的な環境で病気にさせないといった働きをする事が求められます。

 この大人の働きとして掃除をする事で危険な物が落ちていれば踏んづけて大怪我をしないようにすべて片付ける。汚れた水がたまっている時ばい菌が湧かないようにきれいにする。

 ごみが落ちていれば虫が湧いて病気になるのできれいにする、部屋や廊下に埃やごみがあれば保健衛生的に施設や設備をきれいにして病気にならないように大人が掃除をする事です。

 このように保育の中と同じことが、家庭の環境をきれいに掃除する事で親から命を守られていると感じ、病気にならないための保健衛生的な環境を与えられます。


その時に必要なのは親の温かい笑顔とこどもを受入れる有難うの言葉により、乳幼児は家庭の中で失敗しても良い、自分で〇〇する主体性が身につくといわれています。

 

 お母さんは掃除が好きでしていません。わが子の命を守るためです。そして、風邪をひいたり、お腹が痛くならないように、高い熱を出さないように汚れたままの食器で食べさせない、ごみのある部屋、ほこりのあるところや虫が湧いていてばい菌がいないように掃除をして病気や大怪我から守るためだということを子どもたちに伝える事です。


 この掃除を何故するかは、あなたを愛しているから掃除していることを気付かせたいものです。

飯田和也の「保育の基本」カテゴリの最新記事