せっかちなお母さん、子どもの真正面に座らないでね。

NO IMAGE

                飯田 和也


 大学で、知識と技術中心の教育であると学生や乳幼児の人や物を大切にする生き方まで丁寧に伝える時間・ゆとりがない実態が見られます。

 学生時代の実習で保育現場を観察する時に、先生が『机みんなで片付けて』と指示・命令を聞いて子どもたちが机を自分ひとり、または友達と一緒に持って片付けているのを見ても、「あ、片付けている」『あ、仲良く片付けて子どもたち立派だ』としか捉えられていない場合があります。 


片づけの場を良く観察すると一人で片付けるが机の脚が引きずってがたがたと音を立てていても気付かない。また、二人で机を持つが一人は力いっぱいもって相手は引きずられている。そして元の位置にガタンと大きな音がしても気づかない実習となっています。


そのような机に優しくできない、友達の動きに合わせることができない態度を体験実習したまま就職して園長や主任から物や人に優しくするのが園の方針と言うことを伝えられていないと自分ひとりだけの担任になった場合に気付かないで教育をしてしまいます。


此れが『人は環境を通して相互作用で発達する』と言う言葉に結びつきます。物に優しくない悪い環境で生活しているとそのまま考えや態度が育っています。

 園長・主任や先輩は新人やベテランでも机をガタガタと押して元に戻している場合、子どもの前で注意をしない。

 人を育てるためには、机を優しく持っている子どもを見たら『〇〇チャン、優しくもって置いて素敵だね』優しく机を元に戻している子どもを見たら『△△くん、優しく机をもどす姿かっこいいね』二人で協力して机を運んでいるのをみたら「〇〇ちゃんと××ちゃん、優しくもつと 二人とも優しい心になって先生、うれしいよ」と優しい持ち方と優しい態度の子どもを具体的に共感してほめる事で先生への配慮と子どもたちへの気付きに結びつきます。

 このような机や椅子を元に片付ける時に乱暴な態度、相手への思いやりの無さ、自分勝手な姿勢を直す時には、良い態度をしている子どもを見つけることでクラスに温かい愛のある雰囲気ができます。


 子どもがいない時優しい態度ができていない先生には『保育室には鏡がある』と言う言葉をつかいます。

 大学では、その園が何を大切にして創立されているかと言う理念や目標を説明できません。保育の場になった時に物や人に優しくする事で子どもたちは『思いやりと人を愛する心』『物を大切にする態度』などを一生身につけて育っていきます。


多くの園の理念に『人や物を大事にする心』を育てるために創立されているはずです。日常の保育の中でたった一言であるが「優しく」を宝物にしたいものです。

 

              飯田 和也

せっかちなお母さんは食卓では、子どもの真正面に座らないで横の場所に座ってあげて下さい。


せっかちな母親は真正面に座ると、子どもがご飯をこぼしたら「はい、こぼしているよ」箸の持ち方が悪いと「箸持ち方がおかしいよ」こどもがひじをついていると「はい、ひじついて食べない」よそを向いていると「前を向いて食べて」食べないでボーとしていると「早く食べないと○○に遅れるよ」と次から次に言葉をかけるお母さんとなります。

この言葉かけによって子どもはやることを自分からやらないで待っている事でノロノロした態度に結びつく事になります。


母親は子どもの能力を見ていない、自分で○○する能力があることを信じていないからこのような行動になります。

わが子の能力があることを信じるには、半年前の動きを思い出すことです。


半年前はぼろぼろとたくさんこぼしていたはずです。それが少なくなっていると思います。箸の持ち方も握り箸やぎこちなかったのが少し楽にもつことができるようになっていると思います。ひじのつき方も身体がぐたっと寝転がるなどだらしなく身体がふらついていたのが身体発達し少しぴしっと出来るようになっている事を母親として観察する力が求められます。

わが子が身体の発達・考える力・聴く力・自分で発見する力など伸びている事を見つける眼・大きくなっていることを気づく力・今までと違っている事を受け止める生き方が求められます。


子どもの成長・発達する力の正しい情報をもつこと。周囲の言葉に揺り動かされないで家族で「良い所」を話し合うことです。


自分はせっかちと意識をして、わが子の自分で〇〇する能力を奪っている事を自覚します。


そして、自覚したならば子どもとの距離を少し開けることと同時にいつも真正面から見ている自分を反省し横顔を見て言葉を少なくするため方向を変え良いところをとらえる事がポイントといえます。

飯田和也の「保育の基本」カテゴリの最新記事