環境の教育の大切さ ひらがなを読んだり/書いたり、数に関心の強い子を育てるには、子どもに物や様々なことの観察力をつけ、かかわる力を身につけること

NO IMAGE

        国際子ども研究所     飯田 和也


園式をする前に、始めて園に親子で登園するとき母親が見知らないお母さんたちとどのようにかかわったら良いか、また、話したら良いか不安感と緊張でいっぱいです。

そのような母親の不安などをことばで言い表すことができない時に、園長や主任は「温かい愛のある雰囲気」を作ることで母親は安心できます。

しかし、一度だけでは欠席された方が雰囲気に入りづらい事のないように配慮することも園としては留意します。二度・三度と短い時間をとることで園の教育方針や教育方法を具体的に伝える事でこども園・保育園・幼稚園が大事にしている事を理解していただくチャンスとなります。

入園式だけのときに教育方針や約束事を保護者は聞いていない場合があります。一度では理解しようとしない保護者には手紙で説明し行事のときに「判る言葉で優しく」繰り返し伝えたいものです。


同じ事が新任や若い保育者にもいえます。電話のかけかた・連絡ノートでの伝え方、面接での対応など、かってに約束事を解釈しクラス方針を伝えさせないことです。このような始めての集まりでは、働いているお母さんには配布の手紙やメールを見て理解して戴く事も子育てには大事と言う事を伝えたいものです。

 次のようなスケジュールで実践しました。参考にして下さい。

1  母親は親子で受付します

2  母親だけホールまたは保育室に入室します。別々の時には子どもへの配慮が必要になります。新入園児は同い年の子と先生がいる保育室に入室します。ベテランの保育者がここで泣いてもすぐお母さんと会えるから大丈夫だよと、安心する雰囲気を作り受け取ります。

3  部屋・ホールでは、母親は椅子に円形で顔が見えるように座り、一人ひとりが自己紹介『子どもの名前と住んでいる場所を紹介』など簡単に言えるテーマにします。

4  続いて、母親は隣の人と仲良くなるための自己紹介『テーマは無し』

5  自己紹介が終わり隣同士がわが子の「いい所を五つ紹介」します。

重要  良い所を言い合っている場、そこで笑顔になっている全員に対して「ハイ、ちょっと話すのやめて下さい」と話を中断して

  『今、温かい愛のある雰囲気を味わっていますよ』コレがこの園の方針ですよ。『園の中では、先生と子どもたちはお互いがほめあっていますよ。』このような説明と体験を味あわせます。

   温かい愛のある雰囲気は、自分は受け入れられ認められている体験となり、人の話をじっと聞く態度に結びつきます。

6  子どもたちが母親の元に帰ってきたら「今日は部屋や友達を見るだけで良いよ・手遊び見ているだけ、聴いているだけで良いよ」と優しい態度をします

   母親が聴きたいことやさせたいことをいう、自分の都合にならないで言葉をかけてあげてくださいと話します。

   こでは、母親の目の前で全員に見守ってあげてじっくりと遊ばせて下さい。

7  帰りはトイレで明るさ・広さ・匂い・友達がトイレを使う姿などを見せ、トイレの使い方を優しく説明すると子どもはトイレに対して安心する場合となります。親子でトイレの雰囲気を味あわせて下さい。

 

  このような一回目の安心する出会いを配慮すると、帰りには「このような機会を与えていただいて助かります」という母親たちでした。

 

 ポイント 2-30分間でいいから子どもを始めての部屋にて子ども同士で過ごす。クラスには、当然ベテランの保育者と同じ年齢集団がいて優しい雰囲気を作りだす子どもがまっています。

 保育者は2-30分間という時間の中で「多くのことを要求しません、ここで泣いてもいいのだよ、見ているだけでいいのだよ、匂いをかぐだけでいい、可愛いと見つめながら始めての体験を温かい雰囲気をつくる」と言う共通な保育観で保育します。

 受付で母親はホールに入り、子ともたちは四月から同じ学年となる子どもたちが待っている保育室に別れて入ります。子別れするときに「安心して預けてください、」と伝えて別れさせます。

 ホールにて全員の母親が集まらないときには、温かい雰囲気を司会者は造ります。例えば、姉を入れていた保護者に「みなさん悩んでいることがあるかもしれません、先輩の保護者として自己紹介と不安なことがあれば一つでもいってください」と言うと「トイレが心配」という話が出ました。


  このような話題に対して「判る言葉で優しく説明をします」

 トイレットトレーニングについて、母親が何時自分のこどもが膀胱にいっぱいになっておしっこをしたくなっているかを把握すること。トイレへの子どもの行動・サインを見つける眼が母親の努力です。

 そして、したくなるタイミングを見つけ、それに合わせることでたまにおしっこが合います。失敗するのが当たり前の時にうまくいった時間、間隔を探り失敗しても怒らないで出来た時を見つけ、励ますのがタイミングを計ることになり、トイレトレーニングの第一歩となります。

 おむつは乾いているときを見つけて気持ちがいいねと声をかけ、濡れた時に気持ち悪いという感覚を気付かせることも子どもからサインの出すきっかけに結びつきます。

 このように多くの母親が不安なことに対して安心できる説明・わかる言葉を使いこれから子育てに対するポイントを具体的に与えることで安心します。

     母親への対応として参考にしていただければ幸いです。 

 

わが子に身近な環境を親しませていますか、 花のきれいさをジッと見つめ・氷の冷たさにそっと触り、花の香りを静かにかいだり、動物の肌のぬくもりを味あわせていますか

きれいなものを見ても無関心・面白い不思議なことに出会ってもポーとしていたり、いやなにおいやいいにおいにも反応しない態度では将来自分から困難を乗り切る力が身につきません

子どもの周りには様々な環境があります。自然の木や草花・犬や猫・とり・金魚などの動物・滑り台やジャングルジム・鉄棒などの遊具に対して工夫してかかわる力、それも自分から行動する力を持っているかが問われます。

「はい、見て・見て」と言った大人が言いすぎ・押し付けることでは自分から見るという観察力はつきません。しかし、子どもは観察力を発揮する素晴らしい場合があります。


の絵では見事な観察力を発揮して赤い顔・青い顔した鬼・太い金棒・黄色のパンツ・怖い眼と大きな口・もじゃもじゃのひげを自分なりに描きます。


これは普段気にしないが怖いもの・恐ろしいものが現れたらびっくりします。そして、自分は何とか必死に逃げなければならない、どのように怖いかを瞬時に判断します。そこには観察力を発揮している状態と言えます。絵の得意な子です。

わが子に○○への観察力を身につけることが大事です。

 砂場のざらざらとした砂を自分から握り、木の実のつるつるした感触を手のひらで触り、どんぐりのコマを作って回すことを体験させていますか。

「これに○○しなさい・こうしてごらん」と言う上から教え込む態度では自分からという力はつきません。

 砂ってさらさら・ざらざら・水入れると硬くなる・手のひらに乗せて落とすとキラキラ輝いている。

 水って冷たい・つかめない・すくうことできる・光っている・おもしろい。ブロックってつなぐと長くなる・縦につなぐと高くなる・横につなぐと道路だ・線路だ・トンネルだ・友達のと合体すると想像力が豊かになって楽しい・面白い・不思議だ、わくわくするなど自分で形が変わり、色が作られていくのを気付くと考える力が広がっていきます

 親から言われなくでも手先や身のこなしができることで自分から○○する力が出てきます。わが子に自分から○○する・自分で見つけ・考えさせることが大事です。

 環境の教育の中で文字にかかわる力が求められます。年中・年長児になると友達とのやり取りをするときに手紙ごっこが始まります。

 家族で絵手紙や文字を通してやり取りを協力することが最も大切です。子どもたちの周囲にある環境として文字・数字があります。親がこんな下手な文字は書かないのと文句を言ったり、この子と遊んではいけませんと友達とのやり取りを止めない事です。

 ひらがなは読めた喜びや書けた充実感を与えてくれるお母さんや友達が必要です。特に母親のひざで絵本を読んでもらう愛のある温かさから本好きな子が育ち文字に興味をもちます。

また、環境の中で数に関心を持ち、身につける力も大切にされています。カレンダーで毎日の数を気付いたり、時計を見ることで約束を守ったり、お金を気付いたりするなど生活の中で時間や数や約束事を理解し環境にかかわる力が将来の生きる力の中で発達します。


例えば、家庭で体重測定や身長を測るときに「大きくなったね」「伸びたね」(黙って測る)でなく「・・センチ大きくなったね」「○○キロ増えたね」と具体的に数を伝えることで重さや長さに興味・関心をもつ生き方に結びつきます。


親子で周りの環境にかかわる時をじっくり持ちたいものです。

          園長  飯田 和也

飯田和也の「保育の基本」カテゴリの最新記事