クリスマス発表会 2017 12月2日

NO IMAGE

今日は七夕とクリスマスの違いを見つける日です。 2017/12/02

 ただ立つだけで可愛かった七夕・まだ泣いていた子がクリスマスでは友だちと一緒に音にあわせて歌う。

 心を合わせてカスタ・タンバリン・木琴・太鼓を叩く力、先生のピアノに合わせて心を一つにする力を身につけたことを見つけてわが子には能力があることを信じる日です

 昨日の練習では先生の素敵な伴奏に合わせて身体で調子をとり、眼も輝き一つになっている姿を見ることができ感激の涙が出ました。

 始めて聞かれる人は特訓した成果の素晴らしい場面を見ます。大きな拍手で自信を持たせてください。

 たんぽぽ組は可愛い衣装を着て出るだけで涙です。

 

 年少は七夕と違って指先までまっすぐにのばしてフリをつけて踊る姿に感動すると思います。

 年中組はオペレッタの役になりきって堂々と踊る姿になっています。また、

 

年長組は、姿が見えないところでがんばっています。中幕を閉めたり、あけたり、岩やお城を動かして友達の動きに合わせる力を身につけています。今、大人の世界にかけている人を大事にする思いやりを誠和では身につけています。客席からは見えない教育をしている誠和のよさもぜひ見つけてほめていただければ幸いです。

 誠和で子ども同士がほめあい、笑顔の中でクリスマスの音楽を一緒にしたこと、舞踊やオペレッタで心を一つにして踊った時にホールの中で温かい拍手をもらったこと、友達や先生からほめられた事、家族の笑顔が見られたことで生きる力を得た子どもたちです。

 三つ子の魂百までと言う言葉が在るように全員の子どもたちはこのホールの中にある温かい愛の雰囲気に包まれた事を一生忘れないと思います。


 ぜひ、踊った事に文句を言わない・ほめ上手な雰囲気を与える事で困難を生き抜く力を身につけるクリスマスの発表会になることを願っています。


 狭い会場ですが温かい励ましと拍手をいっぱい・いっぱい与えて帰る時はほめ上手になっていただく事を願っています。最後まで楽しんでください。

お知らせカテゴリの最新記事