12月は楽しい行事がいっぱい

NO IMAGE

12月7日は、かまどで火をおこしてお米を蒸して臼と杵で持ちつきをしました。初めてかまどから煙から煙いという子どもたちでした。全員が一人ひとりで杵を持ってついた後、きな粉とあんこを使ってお餅を造りました。クラスにてお汁とお餅のお代りを食べて楽しみました。

 

12月14日はクリスマスパーティーでゲームをしたり、サンタさんが登場しプレゼントをもらいました。たんぽぽ組みはサンタさんを見て泣いているがプレゼントには手を出してもらう姿が見られるなど可愛い姿でした。その後は、前日に年長児がカレー造りとして玉ねぎ・人参・じゃがいもを包丁をつかいました。

 

12月17日 高橋一元先生「東海学園大学」により「たべるのだいすきひよこちゃん」「なかよし」「ぶうたのおるすばん」のパネルシアター・人形劇で笑いの絶えない雰囲気がホールにあふれました。また、どーなっつクラブの親子も参加され親も楽しむ事が出来ました。

お知らせカテゴリの最新記事