共に育つ

1/16ページ
共に育つ
  • 2019.03.12

今までの幼児教育とどこが違うか、どう育てるか。何故かを教える大切さ

 今までの幼児教育とどこが違うのか、どう育てるのか。  何故かを教える大切さ 統括園長  飯田 和也    子どもには〈知りたい・聴きたい・学びたい〉と言う心があることを理解しさらにこれらを身につける教育が求められます。  このような子どもの心を理解すると一方的な大人の都合の言葉かけを見直したいものです。特に、子どもに言葉をかける時、何故かを伝えていなかった事を反省したいもので […]

  • 2019.02.04

今までの幼児教育とどこが違うのか、どう育てるのか

 今までの幼児教育とどこが違うのか、どう育てるのか ○○決め付けて先に答えを言わない 統括園長  飯田和也   これからの教育において知識と技能だけでなく思考力・判断力・表現力を身につけることが求められます。 これは大学入試に変更となりました。自分で考える力を身につけるには、自分で観察した色や形があります。これからの教育はそれを大切に受け入れ思考力として発見し、考える力があるこ […]

  • 2019.01.17

最後まで我慢してやり遂げる力

今までの幼児教育とどこが違うのか、どう育てるのか     最後まで我慢してやり遂げる力 統括園長 飯田和也  今までは簡単な事ばかりをしていても生きていける生活、困難に出会ったらやめてしまう態度、壊れたらあきらめてお金で解決する姿勢、勝負で負けそうになったらあきらめて負けてもいい、古くなれば新しいものを使えばいいといった考えと行動がありました。    教育においても過保護な方法を見直し困らせ上手と […]

  • 2019.01.17

丸暗記から考えるだけでなく調べる力へ

 世界で通用する資質・能力を育てるため     丸暗記から考えるだけでなく調べる力  飯田和也   これからの学校は、知識と技術重視の教育から考える力があるか問われる授業になります。ここで大きな問題は「考えなさい・考えろ」という言葉は、時と場合によります。  考えろと言われると今まで記憶していたことをただ思い出すことで思い出さないと答えられません。じっともの思いにふけって宙を見 […]

  • 2018.11.12

中日新聞にも「思考力・判断力・表現力」が大学入試に重視、ヤマ勘・あやふやな知識では太刀打ちできない。

2今までの幼児教育とどこが違うのか、どう育てるのか。 二回目    縄跳びは跳ばせればいいでない  飯田 和也  今年から縄跳びはたくさん跳ばせるだけでなく、今後の大学入試に出てくる思考力・判断力・表現力を見つけ、子どもの能力があることを気付かせ、生きる力があることを伝える幼児教育になりました。  幼児教育には〈遊びを通して総合的に指導する〉と言う言葉が出てきます。 昔の縄跳びの教育はたくさん跳ん […]

  • 2018.10.15

今年からの幼児教育、今までとどこが違うのか、どう育てるのか

  今までの幼児教育とどこが違うのか、どう育てるのか。 一回目 人前で話す表現力     飯田和也 今年から丸暗記の勉強と頑張ればだれでもできるという精神論で技能を身につける昔の教育と言われる方法を見直すことになりました。 特に、今後の大学入試は思考力・判断力・表現力を重視する試験になりました。丸暗記から自分で発見し同じか違うか等を判断し、相手に伝える能力が小学校・中学校・高校生活に求め […]

  • 2018.09.19

乳児の噛みつき・叩く・押すといった子どもらのサインを受け止める

乳児の噛みつき・叩く・押すといった子どもからのサインを受け止める                   統括園長  飯田和也 乳幼児が自分のそばにくる子を急に叩く、噛みつくと言った行為をなくすことはその理由を考え、自然に治るのでなく正しく対応することで少なくなる場合があります。 「癖は卒業させる」と言う言葉があります。  一歳前後になって言葉がはっきりと使えない子とじっくりと時間を割いて遊ぶことで噛 […]

  • 2018.08.27

やり抜く力を育てたい   

やり抜く力を育てたい 統括園長 飯田和也 今、教育の世界で話題になっている一つ、これから大学入学テストが変わるということです。特に、暗記するテストから思考力・判断力・表現力が試されるようになることです。 同時に、一つのことを最後までじっと我慢してやり遂げる能力も備えることと言われます。 これらは知識を知能テストで測るようなものではありません。また、何もしないで自然にできるように身につくものではあり […]

  • 2018.07.19

子どもは大人の言う事を聞くのは得意じゃないが、真似するのは抜群にうまい」ジェイムズ・ボールドウィン

「子どもは大人の言うことを聞くのは得意じゃないが、まねするのは抜群にうまい」ジェイムズ・ボールドウィン・  統括園長 飯田和也 家庭の環境の中で大人を真似する力が、途中で挫折する大人のモデルとして影響している事が見られます。 人生で最も大切な「じっと我慢して最後までやり遂げる力」の最後までやり抜く力を持っている子とそうでない子がいてとても気にかかっていました。 そこで、ダイヤモンド社出版「やり抜く […]

  • 2018.06.28

一週間に一度でもいい<あなたのために腰を落ち着けてじっくり時間を割いていますよ」子どもはまっています。

一週間に一度でもいい「あなたのために腰を落ち着けてじっくり時間を割いていますよ」子どもは待っています。飯田 和也    毎日忙しい中で子育てをしているお母さん。気が付いたら一週間は過ぎ去っています。食事・洗濯・買い物・仕事・寝るまでに少しの時間を割いて子どもたちと絵本を読んだり、次の日の準備をしたり、布団の中で寝ている姿を見るとほっとして愛しい・可愛いという幸せを味わっています。  しか […]

1 16