共に育つ

1/17ページ
共に育つ
  • 2020.02.05

表現力は小さい時素晴しい、高校卒業までつづく資質と能力を持続し大学入試を乗り切らせたい

表現について「子どもたちは将来社会に出てから人前で自分の考えや思いを様々な方法を使って相手に表現する力を必要とされます。」 飯田 和也 言葉でわかりやすく伝えたり、きれいな音楽を奏でたり、絵画で示したり、踊りで表すことがあります。小さい時の子どもたちは全員、素晴らしい表現する力を持っています。 鬼が来た時の姿は、将来社会に出てから十分表現力を身につけています、しかし、高校卒業の時には、人前でしゃべ […]

  • 2019.12.16

毎日良い所三つ見つける、原因を書く事をつづけていると、、

毎日良いところ三つ見つける、原因を書く事を続けている「脳のしくみの本より」と人をほめる時に具体的となり相手に通じる事に結びつく。                    統括園長 飯田和也  毎日三つの良いこと、そして原因をノートに書き始めて三か月経ったとき、年中組でクリスマス発表会の楽器の練習をしていました。二クラス合同で合奏マーチングマーチと合唱赤鼻のトナカイをクラスで合せているのを後ろから聴い […]

  • 2019.10.16

あなたのために腰を落ち着けてじっくり能力を育つ場を見守っていますよ

 あなたのために腰を落ち着けてじっくり能力を育つ場を見守っていますよ                    統括園長  飯田 和也  乳幼児は、見る力・聴く力・触る力・匂いをかぐ力・味を楽しむ力を身につけるためにも毎日楽しんで生活しています。その乳幼児の楽しみを奪っていませんか。 年少の女の子がお迎えのお母さんと一緒に帰ろうとした時、砂場においてあるテーブルの脚のそばの砂の中にきれいな細かく並んで […]

  • 2019.07.16

お母さん、信じて見守って、言い過ぎないで。

               統括園長  飯田 和也  いうこと聞かないと暗い所に入れてしまうぞ・寝ないとオバケが出てくるぞ/いつまで寝ているの、友達が来るでしょう。もう起きなさい。/  もっとよく考えてごらん/ 早くご飯食べないと置いていくよ/ こんなことできないでどうする/もう・・・好きにしたら/  こんな豚みたいな犬描いて、よく見てごらん/ こんなにも言わないとわからないの/ やってはダメ、 […]

  • 2019.06.19

共に育つ お母さん、心の基地を作っていますか

お母さん、心の基地を作っていますか。              統括園長 飯田 和也  わが子が心配な心になった時、不安になった時、悲しいことに出会った時、苦しいと感じた時に「安心できる家」「安定できる家族」を作っていますか。 子どもは歩き始めると「何かしてみよう」「やってみよう」「触ってみよう」「においをかいでみよう」「聴いてみよう」という心ができて母親から離れてみようとします。 この時に、親と […]

  • 2019.03.12

今までの幼児教育とどこが違うか、どう育てるか。何故かを教える大切さ

 今までの幼児教育とどこが違うのか、どう育てるのか。  何故かを教える大切さ 統括園長  飯田 和也    子どもには〈知りたい・聴きたい・学びたい〉と言う心があることを理解しさらにこれらを身につける教育が求められます。  このような子どもの心を理解すると一方的な大人の都合の言葉かけを見直したいものです。特に、子どもに言葉をかける時、何故かを伝えていなかった事を反省したいもので […]

  • 2019.02.04

今までの幼児教育とどこが違うのか、どう育てるのか

 今までの幼児教育とどこが違うのか、どう育てるのか ○○決め付けて先に答えを言わない 統括園長  飯田和也   これからの教育において知識と技能だけでなく思考力・判断力・表現力を身につけることが求められます。 これは大学入試に変更となりました。自分で考える力を身につけるには、自分で観察した色や形があります。これからの教育はそれを大切に受け入れ思考力として発見し、考える力があるこ […]

  • 2019.01.17

最後まで我慢してやり遂げる力

今までの幼児教育とどこが違うのか、どう育てるのか     最後まで我慢してやり遂げる力 統括園長 飯田和也  今までは簡単な事ばかりをしていても生きていける生活、困難に出会ったらやめてしまう態度、壊れたらあきらめてお金で解決する姿勢、勝負で負けそうになったらあきらめて負けてもいい、古くなれば新しいものを使えばいいといった考えと行動がありました。    教育においても過保護な方法を見直し困らせ上手と […]

  • 2019.01.17

丸暗記から考えるだけでなく調べる力へ

 世界で通用する資質・能力を育てるため     丸暗記から考えるだけでなく調べる力  飯田和也   これからの学校は、知識と技術重視の教育から考える力があるか問われる授業になります。ここで大きな問題は「考えなさい・考えろ」という言葉は、時と場合によります。  考えろと言われると今まで記憶していたことをただ思い出すことで思い出さないと答えられません。じっともの思いにふけって宙を見 […]

  • 2018.11.12

中日新聞にも「思考力・判断力・表現力」が大学入試に重視、ヤマ勘・あやふやな知識では太刀打ちできない。

2今までの幼児教育とどこが違うのか、どう育てるのか。 二回目    縄跳びは跳ばせればいいでない  飯田 和也  今年から縄跳びはたくさん跳ばせるだけでなく、今後の大学入試に出てくる思考力・判断力・表現力を見つけ、子どもの能力があることを気付かせ、生きる力があることを伝える幼児教育になりました。  幼児教育には〈遊びを通して総合的に指導する〉と言う言葉が出てきます。 昔の縄跳びの教育はたくさん跳ん […]

1 17