どーなっつクラブ

2/5ページ
  • 2015.10.22

10月30日 東海学園大学 高橋一元教授 人形劇があります。

毎年東海学園大学 の高橋一元教授による人形劇があります。今年は10/30日[金曜日』の10時から誠和幼稚園ホールにて楽しい集いがあります。 「ぶたの話など笑いがいっぱいの人形劇です。大人が見て・聴いても面白い時間となります。」心に残るひと時となりますように願っています。  ぜひ多くの親子で参加されることをお待ちしています。  どーなつつクラブの皆様を含めてお待ちしています。

  • 2015.09.02

どーなっつクラブ

九月二日はどーなっつクラブがあり、歌・紙芝居・誕生日・そしてマット、トンネル、平均台、跳箱等を楽しんでくくったり、跳んだりして友だちとかかわる場面がありました。 初めての親子にとっては友だちを見守ったり、幼稚園で様々な体験をする場になります。 また、子育てで悩むことがあれば相談ができます。言葉のこと・トイレのこと・友だちのことなど一緒に考え共に育つことができれば幸いです。

  • 2015.07.01

7月8日 三歳児 どーなっつクラブ

 10時からうちわづくりを親子でします。幼稚園で用意したうちわに好きな動物の顔を選んでのりで貼ってもらいます。そしてスイカの形をしているところに指ハンコで種の形を作ります。             親子で楽しんでいただければ幸いです。  10時30分から朝の会 朝の歌と手あそび「たまごバカ」などで朝の会を体験します。        可愛い笑顔をホールいっぱい溢れさせてほしいです。  天気が良ければ […]

  • 2015.05.01

どっなっつクラブが始まりました

どうなっつクラブがはじまり新しい出会いの場で仲間が広がっています。家庭ではなかなか新しい子ども同士の始まり、そして新しい子育ての仲間が広がりません。誠和幼稚園で共に泣いてくれるお母さん・そして共に子育てで子どもがおおきくなった喜びを共感してくれる人と出あって欲しいと願っています。  今回は朝の集まりをして歌ったあと、自己紹介を通して仲間を見つけるひと時を大事にしました。  最初は、そばにいるだけで […]

  • 2015.01.19

どーなっつクラブ

  幼稚園のともだちと遊びましょう  年中児とかかわって楽しみ会をします。また、節分で使う豆を入れる箱作りをして楽しむ時です。家庭と違って友達と一緒に道具を工夫する姿を見つけて真似したり、集中している態度を雰囲気の中で味わってほしいと願っています。 この時期に人にかかわる時・物にかかわるときに迷惑をかけたり、乱暴にするのでなく約束があることも少しずつ気付いて生きる知恵を見つけて欲しいと願っています […]

  • 2014.12.19

どーなっつクリスマスがありました

12月9日は三歳児のクリスマス会・12月16日は0歳・1歳・2歳児のクリスマス会でした。 制作を親子でしたあとたんぽぽ組による踊りを見て、可愛いという歓声を上げ、そのあとにサンタさんからプレゼントを受け取り楽しいひと時を過ごしました。 多くのお母さんとの交流があり、子育ての楽しみを味わう場が与えられています。これからも一人でも子育てについて話す機会が与えられることを願っています。

  • 2014.11.07

子育て ワンポイント 5    共に泣いてくれる人

自分のこと信じて愛してくれるお母さんが一人いたら 自分のこと信じて見守ってくれるお父さんが一人いたら 自分のこと信じて共に泣いてくれる友達が一人いたら 自分のこと信じて出来ない時なぐさめ、励ましてくれる先生が一人いたら  生きていたい、自分から「しよう」という意欲をもつことに結びつきます。子どもを愛し、信じることができる関係を作りたいものです。  子どもたちも大人も生きている喜びを味わい、生きる力 […]

  • 2014.10.02

10月7日 講演会 子ども授かった喜び

人に言えないつらさ・悲しさ・苦しさがある中で子どもの寝姿を見ているとき、にこにこと笑顔を見せてくれる時、お母さんと抱きついてくるときに子ども授かってよかったと味わうことがあります。 10月7日 火曜日 10時30分から短い時間ですが「子どもを授かった喜び」のテーマでお話できれば幸いです。  誠和幼稚園 ホールにてお待ちしています。  園長 飯田和也

  • 2014.10.01

子育てワンポイント 4   「ナニ!」と「なぁーに」

「おかあさん?」と問いかけられて「ナニ!」と応えると子どもはお母さんの顔色を見て「あ、もういい」となります。 しかし「なぁーに」と応えると安心して「あのねえ・・・お母さん、今日ね、○○ちゃんがねえ」と話がはずみ心の交流となります。 この「なぁーに」によって子どもは安心して「自分は受け入れられている・存在を認められている・愛されている」と言った感覚になり、家庭で心が安定した活動ができるようになります […]

1 2 5