お知らせ

13/14ページ
  • 2012.03.27

一年間のまとめの日

 三月二十六日にホールにて終業式をしました。卒園児がいなくなり年中・年少・たんぽぽ組の子どもたちが誠和幼稚園の園歌を歌い、司会者の一年間頑張ったね、四月から一つ大きくなるねと言った話をじっと聴いている姿が見られました。  園長挨拶として「四月に比べると騒がないでじっと聴く態度が育ち、有難う・おはようとあいさつができ、泣かなくて大きくなったね、・・・園長先生は大きくなって嬉しいなど」ありました。   […]

  • 2012.03.23

温かい卒園式での園長挨拶

誠和幼稚園の 第40回 卒園式がホールにてお父さんやお母さんの見守り中ありました。卒園児が堂々たる態度で修了証書を受け取り、園長挨拶となりました。園長として卒園児とお父さんやお母さんへの言葉を次に載せます。参考にしていただけれは゛幸いです。    卒園児の皆さん卒園おめでとうございます。 今日は堂々たる態度で修了証書を受け取ることが出来て園長先生はうれしいです。一恵先生と尚子先 […]

  • 2012.02.28

年長組のグループ懇談をしています。

 一年生になるにあたってお母さん方が地域ごとに分かれて、ホールで話し合いをしています。 小学校に入学する時に自信を一つ持って自立し、さらに意欲になる生き方が卒園児には今、必要です。多くの事を要求しないで一つでいいから身につけること、友だちも多くを求めないで「ともに泣いてくれる子一人いれば幸せ」と言った事を確かめる場にしています。 この入学する時が生活を見直すチャンスとしておもちゃや使っているものを […]

  • 2012.02.14

東日本大震災に子どもたちの小遣いや育友会からの義援金を渡しました。

子どもたちが貯めた小遣い、そして育友会からのお金を合わせて東北大地震にあわれた人々に中津川市を通して渡す事が出来ました。今でも行方不明の子どもたちがいます。辛くて悲しい気持ちのお母さんやお父さんがいます。少しでも子どもたちの温かい心が届く事を願っています。

  • 2012.01.30

参観日のお知らせ

1月26日に年中組参観日をしました。縄跳びと跳び箱を体操教室の原田先生の指導により「がんばって跳ぶでない」劣等感を与えないために縄跳びの跳ぶ技術と知識を具体的に教えてもらいました。  年少組は「縄跳び遊びと両足ジャンプ」年中組は「前跳びの連続跳び」年長組は「前跳びが出来たらいろいろな跳び方に挑戦」と言う指導を具体的に説明を受けました。保護者にどのように教えるか、ほめ上手という事を教えられ保護者方は […]

  • 2011.12.26

冬休みのお知らせ

12月27日~冬休みです。風邪にかからなく、大きなけがをしないで楽しい思い出を家族でつくって欲しいものです。正月しか遊べない凧あげ、かるた、すごろく、福笑い、こま回し、はねつきなど日本の文化を味わい、友達や家族との関わりを深め、身体的にも知的にも社会的にも大きく発達した姿を正月あけに見られることを楽しみにしています。  園長  飯田 和也

  • 2011.12.15

今、幼稚園はサンタさんが時々来ています。

12月12日、0・1歳児・2歳児のドーナッツクラブではサンタさんがきて、プレゼントとクリスマスのオーナメントをお母さんが子どもたちと一緒に造り持ち帰りました。また、19日は、3歳児のドーナッツクラブでも同じようにオーナメントを作ったり、サンタさんからのプレゼントを持ち帰ります。また、幼稚園は16日にクリスマスパーティをします。全員でゲームをしたり、先生のマジックを見たり、カレーパーティーをたのしみ […]

  • 2011.12.02

クリスマス会のお知らせ 12月3日

12月3日 誠和幼稚園のホールにてクリスマス会を行います。当日は全員が「かわいいと思って見つめ、失敗してもいい、多くの事要求しない」といった心で見てあげて欲しいと願っています。多くの人から拍手をもらう事で褒められ・認められる体験から自信をもち、それが自立となり意欲が出来生きる力となります。家族にとって誠和らしい心に残る温かい雰囲気を味わっていただければ幸いです。    プログラム 1 年少組 合奏 […]

  • 2011.11.07

お知らせ

10月24日 年長組と一緒に老人施設へ訪問に行きました。子どものそばにいるだけでいい、見ているだけでいい、子どもの声を聴いているだけでいい、子どもの匂いをかぐだけでいいというお年寄りに対して『大きなくりの木のしたで」「ピアニカを弾いたり」また手遊びでは手を握ったり、そして首飾りをかけるときにはぎゅっと抱きしめることをすると100歳近い人々は涙を出して感動の雰囲気を味わっていました。なかなかお年寄り […]

  • 2011.10.20

ドーナッツクラブ園長講話「自分で出来るには」10月24日

「自分で出来るには」     園長 飯田和也 ・  子どもが自分から観察して見ている・聞いている・匂いを嗅いでいる・触っていることを親として見つける眼をもつことです。ただ遊んでいるなとボーと見ているのでなく、ここに自分で○○するという主体的な行為が出来ている能力を見つめるのがお母さんです。将来、困難に出会っても逃げないで生きる力を育てたいものです。また、親に言われて生活する態度でなく自分 […]

1 13 14