お知らせ

1/15ページ
お知らせ
  • 2021.05.19

支援が必要なこどもの理解と心の交流ある対応について

支援が必要な子どもの理解と心の交流ある対応について  元名古屋柳城短大教授 元東海学園大学特任教授 誠和幼稚園 誠和あい保育園   理事長 統括園長   飯田 和也  身体的に支援が必要な子、言葉の理解が出来なくて支援が必要な子、話すことや身体的表現が豊かでなく支援が必要な子、家庭環境が劣悪で支援が必要な子、集団に入ると不安となり表現が幼くて支援が必要な子、こだわりが強くて人とのかかわりがスムーズ […]

  • 2021.05.17

こどもはこどもからほめられることで、愛されていると感じて生き抜く力となる

     子どもは子どもからほめられることで、愛されていると感じて生き抜く力となる                              統括園長 飯田 和也  年長や年中児になると、給食の場面で当番が「用意はいいですか・手を合わせてください。眼を閉じてください」というと子どもたちは眼をとじて手をそっと合わせる子どもたちになります。  中には眼を閉じることが出来なくてそっと薄眼を開けて周りを見 […]

  • 2021.03.05

ドーナッツを3月15日 最終です。

最後のドーナッツクラブを3月15日に行います。今年はコロナでなかなかできませんでしたが最後になりました。親子で朝の会「朝の挨拶・朝の歌・手遊び・紙芝居…」など楽しみたいと思います。 天気が良ければ外で遊びます。最後の思い出となるような時間ができることを願っています。

  • 2021.02.15

一日入園のお知らせ

2月22日{月}一日入園を行います。 入園児が楽しく幼稚園生活を迎えられるように準備をしています。 今回は、コロナのために分散で実施します。 第一グループ  13時15分より 第二グループ  14時15分より 二グループに分けて実施しますが、連絡は幼稚園より個別にて電話連絡をします。 どうかご協力をお願いします。

  • 2021.01.19

なぜ・どうしてと問われて、理由を考えることで、自分が正しい情報をもつ癖をつけて言葉での表現力を高めて生き抜く育て方=教育

「なぜ」「どうして」と問われて、理由を考えることで自分が正しい情報を持つ癖をつけて言葉での表現力を高めて生き抜く育て方=教育                統括園長 飯田 和也  「今日はここまで」と言われて〈どうして〉。〈面白かったでしょう〉と言われて〈どこが〉。「はい、静かに座ってといわれて三歳児がなんで」。「今から散歩行きます」と言われて「どこへ」という理由を言われなくてどうするのかという疑 […]

  • 2020.12.10

幼児期に考える力と相手に伝える能力を少しでも身につけ社会的自立する育て方

 幼児期に考える力と相手に伝える能力を少しでも身につけ社会的自立する育て方         元東海学園大学特任教授 統括園長  飯田 和也  これからの大学入試は知識偏重から思考力重視になります。今までのような知識を多く詰め込んでいれば合格するという時代でなく〈どうして?〉{何故選んだの}といった問いかけに対して、自分の考えていることを言葉で相手に伝えることが求められます。  そして「なぜか」を考 […]

  • 2020.12.01

誠和幼稚園 クリスマス会が始まりました。

12月1日 年少組・たんぽぽ組 プログラム  10時開演  年少組    合奏・歌   雪の小坊主  年少組・満三歳児  歌   おおいそぎサンタさん  たんぽぽ組     踊り  おまめ戦隊ビビンビーン  うさぎ組      踊り  春 ダンゴムシ・ロック                夏 海にもぐると アンダーザシー  ひよこ組          秋 ハロウィンパンプキン            […]

  • 2020.09.04

親は子どものいいところを見られない・ほめられないと子どもは不信感を持ち、その相手には意欲を示さない。将来の生きる力を育てたいものです。

親は子どものいいところを見られない・ほめられないと子どもは不信感を持ち、その相手には意欲を示さない。将来の生きる力を育てたいものです。 統括園長   飯田 和也   親は子どもの我慢しているところを見つけないでダラダラしているところばかりを見て注意し文句言うことがあります。子どもにとっては大好きなお父さんとお母さんにほめられたい・認めてもらいたい、愛されて生活したいと願っています。 幼児 […]

1 15