岐阜県中津川市 学校法人 緑ヶ丘学園 誠和幼稚園|誠和幼稚園ブログ

誠和幼稚園ブログ_タイトル画像

誠和幼稚園ブログ

過去の記事

誠和幼稚園ブログ - 共に育つ

お母さん、朝起きたくなる言葉と雰囲気つくっていますか。

2015年10月15日 木曜日

なかなか朝、起きることができない時があります。お母さんのことばかけと態度により変わります。参考にしていただければ幸いです。


「早く起きなさい・いつまで寝ているの」「いつまでぼーと立っているの」「着替えないと○○遅れちゃうよ」「本当に××だから」このような朝の言葉と雰囲気を味わっている子どもたちがいます。

 しかし、日曜日になると別人となり早く起きて自分で着替えて行動している子どもたちがたくさんいます。本当は、朝起きて自分で○○する主体的な行動ができている子です。


 どうしてこのように違いがあるでしょうか。日曜日は自分から起きたくなる雰囲気としてお母さんがゆったりしていること、ゆとりがあるために温かい雰囲気を持っているので言葉が分かりやすく、笑顔になっています。

 また、テレビの番組でみたいものもあります。それによって自分で○○するという態度となり起きています。大切なことは温かい言葉と受け入れる態度の雰囲気を作ることです。

 習慣化するまで誉め上手と失敗してもいい・早く出来なくてもいい・間に合う力を持っているから信じていますよ。

 そのような自分から○○するには、大好きな友だち○○君が待っているよ、大好きな××先生が一緒に給食食べたいと言ってるよ。面白い紙芝居を読んでくれる△△先生がいるよ。○○ちゃんが一緒に手をつないで歩いていこうと言ってるよ。

 今日はお母さんの顔を描く日だってね、可愛く眼描いてね、など朝起きたくなる言葉をかけることです。大切なことは母親が『この子は起きる力を持っていること』を信じることです。


 信じていないと言葉のイントネーションや語尾、言い方が冷たい感じを与えてお母さん信じていないと見抜かれています。この子はできる子と思っているときの穏やかな眼、しかし何とか起こそうと願っていると一生懸命となりきつい眼の表情になります。

 子どもは知っています。自分で出来るのにしつっこい言葉に対する怒り、何度も言われて信じられていない悲しみ、せっかく起きたのに誉めてくれない悔しさ、、、、、。

   解ってね。お母さん。  園長 飯田 和也

<< 一覧へ戻る

ホーム教育目標幼稚園の生活子育て支援募集要項アクセス誠和幼稚園ブログ