岐阜県中津川市 学校法人 緑ヶ丘学園 誠和幼稚園|誠和幼稚園ブログ

誠和幼稚園ブログ_タイトル画像

誠和幼稚園ブログ

過去の記事

誠和幼稚園ブログ - 共に育つ

人生の中で「ねたみ」との対応について

2006年10月28日 土曜日

「ねたみは、育ち方によって強くなる人とそうでない人が見られる。自分が突っ張らないと生きていけない人、少しの不正を許すことができなく正義感の強い人、自由と平等とか差別撤廃を叫ぶ人などは妬みが強くなる。また反対に甘えられるところがある人はあまり妬まない」--「いじめと妬み・土居健郎、渡部昇一、PHP」より

この本のように愛されることが少ないと人をねたむ、受け入れられる生き方が少ないと人をねたむ、認められることが少ないと人をねたむ、甘えられる人がいないと人をねたむ生き方に結びつくことが多く、妬むことは生まれながらに持っているが環境によって影響されると思われます。

前述の本の中で「自分が妬むことが多いとか妬まれていると言うことを把握していれば、ある程度、相手と距離がとれる。「ああ、これは妬まれている」と思えば相手に対して用心する。また、自分のこと自慢しないように注意できる。自分が妬んでいれば、「これは恥ずかしいことだから、なるべく妬んでいる気持ちをださない」と思って努力することができます。特に、「今のような平等を社会の前提としている時代だから妬みに対して神経を使う必要がある」と言った箇所もありました。

この本のように大人になって自分を見つめることも大切となります。特に、子育てにおいて周囲の子どもの持っているもの、また、能力に対して妬むことが多い生き方をしている母親であると、その姿が子どもに映り、わが子も妬むことが強い生き方となります。「人は環境を通して発達する」という言葉にあるように母親や父親の人への態度が子どもにとってはモデルになっています。自分の生き方が「妬む」ことが多いということを意識することも大切となり、そのようなことを気づく生き方が大切となります。子どもがいじめたり、いじめられたりする一つに「妬み」の強い子による「いじめ」が問題となります。そこで、自分は「妬みによるいじめ」を本当は気づいているのだが素直、謙虚に受け止めることができない場合が問題です。母親が素直に気づいたならば、子どもの将来の生き方のためにも直そうという態度を子どもに示すことです。示すことで子どもは人を妬んだりすることなく母親に甘えてきます。その甘えが「可愛いなあ」「優しくなったなあ」と感じることで母親も子どもも人を愛する態度が変化してお互いが大きく成長する生き方に結びつきます。

一人でも自分のことを 「受け入れてくれる人、認めてくれる人、愛してくれる人、甘えることができる人」がいることで妬むことが少ないと言われていることを素直に受け止めて「時には甘えてもいいんだ」「失敗をしても自分のこと受け入れてくれる人がいるから幸せを味わう」さらには「生きる喜びを味わうことができる」ということを味わい、伝えることだと思います。自分ひとりだけでは生きていくことができません。最後は誰かに支えられなければならないことを理解すれば、時には「がんばって突っ張っている自分を解き放つ」ことで素直になり、その態度からわが子の幸せな生き方、困難に出会っても逃げないで乗り切る智恵をもち、自分から進んで工夫して対処する「生きる力」になります。

このように母親や父親の生き方を変えることで、他人の眼を気にしすぎないで自分を素直に出して生きていく力を身につけると思われます。誰でも持っている「ねたみ」に対して意識をして行動することです。周囲にいる人々に「妬んでいる自分が影響を与えている」ことを理解することです。自分自身をコントロールすることで周囲が幸せになり、この態度・生き方を素直に理解することが親子の幸せになる「チャンス」として受け止める生き方をしたいものです。 


園長  飯田和也

<< 一覧へ戻る

ホーム教育目標幼稚園の生活子育て支援募集要項アクセス誠和幼稚園ブログ